この答えはズバリ、これまた「あなたが動画で何がしたいのか?」ということです。

と言っても・・・となりますよね。

解説しましょう。

単純に認知してほしい、興味を持ってほしいということなら、SNSや動画広告(youtubeを見るときに流れるCM)が良いでしょう。

これは顕在化している顧客層や潜在層にもリーチすることが可能です。

次に認知ではなく目の前にいる顕在化した顧客層にはじっくりと商品を検討してほしい、理解をしてほしいということであればホームページやランディングページにアップするのがベターです。

要は、潜在層にはまずは知って頂かなくてはいけませんから商品の細かなことよりも、興味を持ってみてもらう工夫が必要です。気を引く演出やキャッチーな言葉で「おっ!なんだこれは!」と思ってもらうのです。

そして顕在層にはあなた自身や商品のこと、お客様がこの商品でこうなれますよ、と説明しないといけません。

ですので、ホームページに来ているお客様は興味を持っているまたはあなたのことを知っていますので、そこで認知してほしいという性質の動画をアップしていてもお客様の心はそれ以上は進まないのです。

逆にSNSや動画広告で商品の詳しい解説をしてもスキップされるのがオチ、となりますよね?

適切なターゲットには適切な内容を伝えていかなくてはいけません。

さて、でもyoutubeにアップしている動画はそんな区別がありません。

宣伝色の強い動画からブランディング、商品の詳しい説明をしている動画まで実に混在しています。

ではあなたは一体動画をどのように管理していけばいいのでしょうか?

答えはyoutubeにアップして誰でも見られるように公開をしておいて、動画を流したい媒体にリンクを貼っていけばいいのです。

分かりやすく箇条書きで書きます。

制作した動画が、認知用、商品説明用、ファン向け用とあったとします。

①これらの動画は全てyoutubeの自分のチャンネルにアップして全公開にしておきます。

②そこから認知用の動画をSNSにリンクを貼って動画を観てもらいます。

③商品説明用はホームページやランディングページにリンクを貼ります。

というように、ターゲット別にアップ先を変えつつ、しかしyoutubeでも公開をしておくことです。

 

先ほどもyoutubeの動画は実に様々なものが混在しています。

あなたはひとりでも多くの人にあなたのことを知ってほしい、そして集客もしたいとお考えですよね?

あなたのペルソナがあなたのビジネスに沿ったキーワードで見つけてもらえるのか、それともyoutubeでたまたまヒットして見つけてもらえるのか、これは正確には分かりません。

とにかく露出は多くして置いて、一方でターゲット別にも動画を用意しておくことが重要です。

あなたはyoutubeでいきなり核心をついた動画を観て興味を持ったことはありませんか?

少なくとも私はあります。

まったく興味・関心もなかった人の動画を偶然見ただけなのに、自然と2本目も見ているなんてことがよくあります。

ここに動画のメリットがあるのです。

以前も書きましたが、動画のメリットは

1、文字よりも情報量が多く伝えられる

2、心に残るような感情に訴えることが出来る

3、潜在層にも見てもらえる可能性がある

そうです。潜在層にも接触することができるのです。

ネットで検索するということは=悩みが顕在化しています。

その文字と関連がないものはヒットしません。

しかし動画であれば関連動画として表示させることも可能なわけです。

このようなメリットを使わないともったいないと思いませんか?

あとはyoutubeのアナリティクスで分析を行なっていくのです。

動画は制作して終わりではありません。

ホームページのように作ってからがスタートです。

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ファースト動画クリエイター、西田幸治でした!

動画導入の第一歩セミナー開催情報はこちら!