動画を制作するときに一番気になるのはやはり制作にかかる費用です。

いくらくらいの価格なのでしょうか?

これは会社によってピンキリです。

1本100万円する会社から5万円で作れてしまう会社まで実に様々です。

クオリティーや企画力、集客に力を入れたいのは誰でも同じですが予算というものがあるのも、致し方ないところです。

私のような個人で行っていても、人それぞれで価格が異なってきます。

 

まず、動画を制作するにあたり次のようなことを行います。

・打ち合わせ(ご要望を聞いたりビジネスのPRポイントの精査)

・企画を考える

・撮影

・編集

・MA作業(BGMなどの音関係)

・テロップ挿入、タイトル画面など

と、このような作業が一連の作業としてあります。

 

各々の会社の考え方にもよりますが、一番頭を使う「企画」を作る部分は費用が掛かります。

これがすべての始まりになるので、しっかりと骨組みが出来ていないと先に進みません。

それから編集以降の最後の仕上げ部分です。

こちらも費用が掛かります。

最終的な総仕上げですので、例えばテロップをいれたりナレーションを入れればそれだけ費用が掛かります。

タイトルや特殊演出効果(CGやアニメーションなど)を加えれば、おのずとどれだけ工数がかかるかご想像がつくかと思います。

そのため「撮影」よりも「編集」の方が高い単価となっていると思います。

 

また、よく写真撮影費との比較をされる方も多くいますが、この考え方はナンセンスです。

動画は撮影のほかに編集やBGM挿入、テロップ挿入などの作業が必ずついてきます。

単純に工数だけ見ても違うわけです。

写真にも加工作業や編集作業があるかと思いますが、写真と映像を加工・編集するでは全く異なりますし、そもそもビジネスとしても作品としても表現方法が違います。

写真には写真の素晴らしい価値があります。

動画には動画にしか表現できない価値があります。

それぞれの「価値」を受け入れて頂いた上で、価格の判断をしましょう。

編集もどこまで行うのかにもよりますので、まずは予算を制作会社に伝えてどこまでやってもらえるのか聞いてみるのがいいでしょう。

動画業界は安かろう悪かろうでは決してありません。

誰に動画を作ってもらいたいか、それは予算で賄えるのか。

まずは問い合わせてみましょう。

 

ファースト動画クリエイター、西田幸治でした!

動画導入の第一歩セミナー開催情報はこちら!