最近はどこでも動画、動画、動画・・・

youtubeはもちろんSNSだって動画が流れてくることが多いですよね。

観ていると面白かったりかっこよかったり。自分もこんな動画つくりたいな・・と思うのはとても自然なことです。

あなたが動画を作りたいな~と思ったときは、どんな感情が動いていますか?

ビジネスを想像して集客に成功しているイメージでしょうか?

あなたが輝いているイメージでしょうか?

商品がかっこよくプロモーションされているイメージでしょうか?

あなたが有名になっているイメージでしょうか?

セミナーで熱く語っているあなたのイメージでしょうか?

日常を切り取ったあなたの素のイメージでしょうか?

などなど。

 

動画をつくる目的が大切だと昨日も書きましたが、何のために動画を作るのかを踏み込んで考えなければいけませんよね。

でも大丈夫です。

言葉や文字よりも映像は訴求力がはるかに高いという事実があります。

だって一目見て分かるわけですから。

一目見て顧客に分かってほしいことを映像にすればいいのです。

有形のものを販売するのであれば、商品の魅力とか姿・形。

使うシーンや実際に使ってみた顧客の感想とかですよね。

他にも考えることがありますが簡単に一言で言えばこうです。

 

情報やノウハウを販売するのも基本的には変わりません。

ものがないので顧客に将来を見せてあげたり、商品の魅力をたっぷりと話すこともいいでしょう。

またものがないのであればあなたの信用が一番なのであなたのブランディングに注力して動画で発信することも非常に重要です。

ビジネスの場面だけでなく逆にプライベートな場面や趣味嗜好をオープンにすることであなたのファンを増やしていくということです。

 

動画を作りたいと思ったときは、まずは何を一番に「見て」ほしいのか。

そこから考えてみましょう!

 

ファースト動画クリエイター、西田幸治でした!

動画導入の第一歩セミナー開催情報はこちら!