今日は動画の種類のお話。

動画の種類は?と聞かれて一瞬でどんな種類があるのか言えますでしょうか?

実は意外と動画の種類って何だろうと考えてしまったりしませんか?

でもこの答えはとても簡単です。

テレビでも番組の種類がたくさんありますよね?

と質問されれば、もうお分かりですよね!

テレビでは、ドラマ、映画、ドキュメンタリー、ニュース、バラエティ、教養番組・・・

非常に多種多様な番組構成となっています。

 

動画の種類も同じことですよね。

ただ、テレビと違って企業から個人まで幅広い方がチャンネルをもってアップしているので、実に幅広いジャンルがあります。

PR動画、ネット番組、ハウツー動画、面白ネタを集めた動画、びっくりネタを集めた動画、商品レビュー動画、レクチャー動画など。

宣伝主体のものや、とにかくやりたいことを発信しているだけのものなど色々ですが、単純にそこからファンを増やして広告収入を得たいだけの人もいれば、ビジネスの申込につなげたい人、とにかく認知してほしい人、ブランドを作りあげていきたい人など実に様々です。

一説によるとビジネス動画だけでも細かく分類すると数十種類にも分けられるそうです。

さて、あなたが何となく動画を作ってみたいな、と思うのは次のいずれかに当てはまると思います。

・商品説明動画 ? そのままですが商品を紹介・説明すること

・ノウハウをレクチャーする動画 ? ファンを増やしてバックエンド商品につなげたい

・顧客のBefore、Afterを見せる動画 ? 商品の機能をすぐに知ってほしい

・広告、宣伝動画 ? PRしたい

・ブランディング動画(あなたの事業への想いを語るなど)? 自分の想いに共感してほしい

・番組を作り定期配信する動画 ? ファンを増やしたい、とにかく見てほしい、有名になりたいなど

・ダイジェスト動画 ? イベント、催しものの雰囲気を伝えたい

・顧客の声動画 ? 商品を購入して頂いたお客様の感想を集め信頼、納得感を伝えたい

おそらく上記のいずれかではないでしょうか?

ちなみにアメリカの動画マーケティング調査の結果では、「顧客の声動画」が一番効果が高いとの報告があります。

このように動画の種類から見ただけでも、あなたのやりたい、またはやってみたい動画が少しは見えてきたのではないでしょうか?

 

お客様に何を伝えたいのか?

こんな動画の種類からも見えてきますよね。

 

ファースト動画クリエイター、西田幸治でした!

動画導入の第一歩セミナー開催情報はこちら!